厳格な検査体制について

厳格な検査体制についてイメージ

シュガーレディでは、厳格な品質検査や放射能検査をはじめ、「商品安全管理会議」などによる万全のチェック体制を完備しています。

シュガーレディでは社外より専門家を招いて「商品安全管理会議」を設置し、開発の段階でひとつひとつの商品の安全性について確認しています。また生産された商品については、製造工場での徹底した品質管理や自社検査室での各種検査によるチェック体制を設けることで、お客さまが真に安心できる商品だけをお届けします。

厳格な品質検査(各商品ごとについて必要な検査を実施しています。)

シュガーレディでは、商品の出荷前に各種検査を実施しています。

食味検査

実際の商品を調理し、前回製造ロットと同じ味であるか食べてチェック。

規格検査

商品の重量、入り数、大きさなど規格通り製造されているかをチェック。

微生物検査

微生物を検査し商品が衛生的であるかをチェック。

残留抗菌性物質検査

魚・肉類について抗菌性物質の残留をチェック。

合成添加物検査

高速液体クロマトグラフにより合成添加物をチェック。

残留農薬検査

ガスクロマトグラフ質量分析計を使用して残留農薬をチェック。

放射線量・放射能検査

「NaI(T1)シンチレーションサーベイメータ」、「ベクレルモニター」によるチェック。

商品安全管理会議の設置

社外より専門家を招いて「商品安全管理会議」を設置し、ひとつひとつの商品の安全性について最終的に確認して、お客さまへの販売の可否を決定しています。どんな商品でも、この会議の決定がなければ、商品を販売することはできません。

自社検査室/放射能検査

商品安全管理会議の設置

原産地においても厳格な管理・検査が行われています。

原産地において定期的な工場監査の実施や各種検査など徹底した品質管理が行われています。