ホーム » おすすめコンテンツ » BIMIANピックアップ » 老けない食のサイエンス

『100歳まで元気に!プロジェクト』病気にならないからだをつくる老けない食のサイエンス

健康長寿・食の3大キーワード「腹八分・抗酸化・低GI」を日々の食事で実践できるよう、5つのポイントのなかから、いずれかをテーマとして取り上げ、解説します。

5つのポイント

  • 血糖値:血糖値を上げない食材と食べ方
  • 血管:血管を若く保つ栄養素
  • がん・免疫力:がん予防・免疫力アップが期待される栄養素と食材
  • 脳:成績アップ&ボケないための健脳食
  • 長寿遺伝子:元気と若さと長寿を応援する栄養素

今月のテーマ

Q.免疫力の低下を防ぐ栄養素とは?

A. 活性酸素から体の細胞を守る、野菜や果実に含まれる抗酸化栄養素をしっかりと摂取することが理想的です。

前号で、がんや病気の予防に「免疫をしっかり働かせることが大事」とお伝えしました。免疫システムを良好に保つためには、規則正しい生活や良質の睡眠、ストレスコントロール、適度な運動、バランスのとれた食事が重要です。また、活性酸素の害から体を守るために充分にとりたいものが抗酸化栄養素です。 体内では、常に活性酸素が生まれています。ヒトは、酸素を体内に取り入れてエネルギーを燃やして生命を維持していますが、このエネルギーを燃やすときに、活性酸素という非常に強い酸化力を持った物質が発生します。この活性酸素は、じつは免疫の武器にもなるもので、外敵が侵入してきたときの攻撃手として利用されます。 ところが、活性酸素が過剰になってしまったり、活性酸素を安定させるための抗酸化力が低下すると、活性酸素が敵だけでなく自分の細胞を傷つけたり、がんを引き起こす一因にもなってしまいます。ですから、抗酸化栄養素は毎日、食事ごとにしっかりと摂取することが理想的です。 なかでも、抗酸化栄養素を多く含む野菜や果物は積極的に取り入れたい食材です。近年、さまざまな成分が注目されていますが、緑黄色野菜に含まれる色素、ねぎや香味野菜に含まれる香りの成分などはその代表選手といえるでしょう。

食材check

● トマト ● パプリカ ● キャベツ ● ブロッコリー ● にんにく ● ねぎ ● 玉ねぎ

健康楽膳ですこやかごはん

「健康楽膳」とは、アンチエイジングの考え方を取り入れシュガーレディがお客さまの健康をサポートする商品として開発した商品です。ボイルするだけ、電子レンジ加熱するだけででき上がる人気のラインナップです。

鶏と野菜の甘酢あん

4種類の野菜を盛り込んだ甘酢あんを、鶏もも肉のから揚げにからめた一品
彩りよく、玉ねぎ、赤・黄・緑のピーマン、たけのこ、しいたけと、4種の野菜を組み合わせ、いろいろな食材の味や食感を楽しめるよう工夫した中華風のおかずです。鶏もも肉でたんぱく質をとれるだけでなく、一食で80gの野菜ときのこが摂取できます。しっかりとした味わいなので、冷ややっこや生野菜のサラダを添えるのがおすすめです。