ホーム » おすすめコンテンツ » 美味安心ピックアップ » プロが見つけたわが家のお気に入り

プロが見つけたわが家のお気に入り

ライフスタイルがそれぞれ違う〝シュガーレディでおいしい食卓〟を実践する4人の料理研究家に、いつの間にか家族と囲む食卓の定番になったという〝わが家のお気に入り〟をご紹介します。

村田家のお気に入り③
ORGANIC16


日本女子大学卒業後、出版社に勤務。女性誌の編集者を経て、料理研究家に転身。現在は管理栄養士としても活躍。新国立劇場バレエ研修所で若いダンサーに栄養学を教えている。忙しいときでも、ご主人とゆっくり晩ごはんの食卓を囲む時間を大切にしている。

「甘くて飲みやすいけれど、後味がすっきりしているORGANIC16は、お料理にも使えるのでなにかと重宝しています」

今月のテーマ「ORGANIC16」

シュガーレディの魚介のなかでも、とくに気に入っている帆立貝柱をスライスしてカルパッチョに。やさしい甘さのORGANIC16とオリーブオイルをかければ、彩りのいい前菜のでき上がりです。

野菜とフルーツのうまみや甘みを凝縮したORGANIC16は、何も加えなくてもしっかりとした味わいがあるので、シンプルにアレンジするのがおすすめです。

野菜不足が気になるとき、小松菜やレタスなどの野菜と、季節のフルーツを使ったスムージーを作り、朝飲んでいたという村田さん。あわただしいだけでなく、ときには食欲がないこともある朝だからこそ、ぐいっと飲み干すだけのドリンクに仕立てることで、ご主人に無理なくおいしく、野菜やフルーツの栄養をとってほしいという気持ちで作りはじめたのだそう。ところがあるとき、村田さんは思わぬ問題に直面したといいます。

「スムージーを作ることはそんなに大変なことではないんです。でも、仕事が立て込むと、こまめに買い物に出かける時間がなくなるので、フレッシュな野菜や果物を用意するのがむずかしくなってしまって……。そんなときに出会ったのがシュガーレディのORGANIC16。まさにこれだ! と思いました」と村田さんは笑います。「まず、野菜も果物もすべてオーガニック認定のものを使っているのに驚きました。これだけの材料を自分で用意するのは絶対に不可能ですものね」さらに村田さんは続けます。

「おいしいだけでなく、色がきれいなのもうれしいポイント。その色合いを上手に生かせば、ドリンクにかぎらず、いろいろなアレンジが楽しめるなと思いました」こうして朝食のときだけでなく、村田家の食卓にたびたび登場するようになったORGANIC16のアレンジメニューは、ご主人にも好評のとっておきばかり。これからもレパートリーは、確実に増えていくにちがいありません。

ORGANIC16をイタリアンアイスクリームに混ぜ込んだデザートは、お客さまにも大好評の自慢の一品。ほんのりと口の中に残るバナナの甘い風味がくせになります。もう一つ、ORGANIC16をゼラチンでしっかりめに固めたスイーツは、ぷるんぷるんとした独特の口当たり。小さいお子さんがいる知り合いにさしあげると、必ず喜んでくれるのがうれしいですね。

ご主人のイチオシ

わが家はほぼ毎日、おいしいお酒を飲みながら、ゆっくり食事をいただきますが、食後の一杯として主人が気に入っているのが、ORGANIC16に焼酎と炭酸水を加えた後味のさわやかなサワー。ちょっと疲れているときはシュガーレディの甘酒とORGANIC16をミックスしたドリンクを飲むと元気が出るようで、こちらもたいそう気に入っています。

商品の購入はこちら

オーガニック認定 ORGANIC16

16種のオーガニック原料を使用した野菜と果実のミックスジュース。