ホーム » おすすめコンテンツ » BIMIANピックアップ » シュガーレディのこだわりラボ

シュガーレディのこだわりラボ vol.24

食材の持ち味を引き出し、おいしく仕上げる調理が得意

ステンレス鍋

毎日料理をするにあたって、フライパンとともに欠かせない調理器具といえば、使い勝手のいい鍋。野菜や卵を茹でたり、汁ものを作ったりするにはほどよいサイズの片手鍋が、肉や野菜をしっかり煮込んでメインのおかずを仕上げるには、口径や深さのある両手鍋があると便利です。そこでシュガーレディは、特殊な素材と成型技術で製造したステンレス鍋を4種類ご用意。どれも、調理性能がすぐれているだけでなく、長く使っていただけるしっかりとした作りが自慢です。今回は多くのお客さまに長くご愛用いただいている人気商品が、どんなふうに作られるのかを詳しくレポートします。



丈夫で機能性の高い特殊な素材を使用

他にはない特殊な素材、クラデックス鋼を使用しているステンレス鍋。ステンレスより熱伝導にすぐれたチタンニオブ添加特殊鋼(カーボンスチール)を、さびにくく、保温性の高いステンレスではさんだ三層構造のクラデックス鋼は、熱効率、保温性の両面を兼ね備えた、まさに理想的な素材。2種類の性質の違う金属を火薬の爆発力で、接着面をクサビのように入り組ませて接合しているので、はがれにくいのも特徴です。これを特殊な成型技術によって、機能的な鍋に仕立てました。

高い密閉性と保温性でヘルシー調理が可能

シュガーレディのステンレス鍋は、ふたと本体がぴったりと合うように精巧に設計されているのも大きなポイント。調理中はふたと本体の合わせ目が水の膜によって密閉され、内部が適度な気圧を保ちつづけます。鍋のほどよい厚みと、蒸気を逃がしにくいふたの両方があることで、洗ったままの食材の水分や肉の脂分だけで充分に調理ができるので、ビタミンやミネラルのロスが最小限ですみ、揚げものをする場合も少量の油での調理が可能です。

火加減のタイミングをセンサーが知らせて失敗知らず

ふたの上部のセンサーは調理温度の見張り役。鍋にふたをし、「ひらく」の状態で中火にかけて調理を始め、ホイッスルが鳴ったら、センサーの上部を右に回して「とじる」の状態にし、ほたる火(ごく弱火)に加減。こうすることでウォーター被膜が働き、内部を理想の定圧密閉状態に保って、驚くほど短時間で失敗なく料理が仕上がります。強火を使わなくても充分に調理ができるので、ガス代や電気代の節約にもつながり一石二鳥。使い込むほどにその実力がわかるシュガーレディのステンレス鍋を、どうぞこの機会にお買い求めください。

商品の購入はこちら

シュガーレディステンレス鍋16cm片手

定圧密閉により、野菜の水分や肉自体の脂でヘルシー調理。(IH対応)

シュガーレディステンレス鍋18cm片手

定圧密閉により、野菜の水分や肉自体の脂でヘルシー調理。(IH対応)

シュガーレディステンレス鍋20cm両手深

定圧密閉&ホタル火調理で、煮込み料理も美味しく、経済的。(IH対応)

シュガーレディステンレス鍋24cm両手浅

定圧密閉&ホタル火調理で、煮込み料理も美味しく、経済的。(IH対応)