ホーム » おすすめコンテンツ » BIMIANピックアップ » シュガーレディのこだわりラボ

シュガーレディのこだわりラボ vol.34

さわやかなかぼす果汁が香り立つ、上品な料亭の味

寿司屋のぽん酢

食卓にさっぱりしたひと品を加えたいとき、大活躍してくれるぽん酢。本格派の味を楽しみたいなら、シュガーレディの「寿司屋のぽん酢」がおすすめです。かぼす果汁の風味がしっかり感じられる、料亭で出てくるような味をめざして開発されました。ぜいたくな果実味にあふれながら親しみやすい味わいで、お店でいただくような一品を自宅で手軽に再現できます。メインの原材料は、すっきりとして苦みがなく、ほんのり甘みがある九州産のかぼす。風味を残すため、皮をむかずにまるごと果汁を絞り、上質なしょうゆや醸造酢、みりんなどでうま味や甘みを加えました。バランスよく味がととのえられたぽん酢は、すっきりさわやかな酸味が際立ちながらも、まろやかな仕上がり。どなたでもおいしく味わえる、上品なぽん酢です。



高級感と親しみやすさを実現するため選びぬかれた原材料

酸味のきいたかんきつの果汁感をぜいたくに残し、料亭で出てくるような高級感をめざして開発された「寿司屋のぽん酢」。九州産のかぼす果汁や遺伝子組換え原料不使用の本醸造丸大豆しょうゆ、本みりんなど、こだわりの原材料を使用しています。かぼすは、苦みが少なく、果汁が香り高いものを厳選。さらに、品質や安全性を追求するのはもちろんのこと、多くの人に親しまれる味わいのぽん酢になるよう、原料の組み合わせにも徹底的に試行錯誤を重ねました。加えるしょうゆは、かぼす果汁と相性がいい味わいの濃口しょうゆを選んでいます。また、酸味、甘み、うま味のバランスも大切です。甘みは砂糖とみりん、うま味は昆布やかつおから安全性の高い熱水抽出法によって抽出したエキスを加えています。さらに、全体の味をすっきりととのえる醸造酢も加え、バランスよく仕上げました。



風味をそこなわない最高のタイミングで原料を冷却

果汁の風味は加熱などによって簡単にとんでしまうため、風味を残すことと加熱殺菌を両立するためには、製造工程にも非常に気をつかいます。低温すぎる加熱殺菌だと風味は残っても殺菌が不充分になる可能性があり、高温すぎる加熱殺菌だとせっかくの風味が消えてしまうからです。そこで、風味を残しつつ、殺菌もきっちりと行える、絶妙な温度設定の技術が必要になります。加熱殺菌の工程では、アルコール分が高く殺菌する必要がないみりん以外の原材料をタンクの中に入れ、撹拌機で混ぜながら、徐々に熱を加えていきます。果汁の風味をそこなわない温度まで到達したら、加熱をストップし即冷却。この冷却のタイミングがずれてしまうと、味が落ちてしまうので、しっかりと管理されています。冷却が終了したら、みりんを入れてでき上がりです。



素材を引き立てる九州産かぼすのフレッシュな風味

こうして完成したぽん酢は、とても香り高く、かぼすの風味がぜいたくに残っています。さらに、適度な甘みとうま味のおかげで酸味が立ちすぎず、どなたでもおいしくめしあがれる味に。素材の味を引き立てるので、白身魚の刺し身や海草サラダにぴったりです!やさしく口の中に広がるフレッシュなかぼすの風味を、ぜひお楽しみください。

商品の購入はこちら

寿司屋のぽん酢

かぼす果汁と丸大豆醤油を使用した爽やかな酸味のぽん酢醤油。