ホーム » シュガーレディのこだわり » 安心・安全へのこだわり

安心・安全へのこだわり

食材の安全にシュガーレディは
こだわっています。

ほんとうの美味しさを食卓へお届けするために、食材の安全にシュガーレディはここまでこだわっています。

一.商品製造時に化学的に合成した添加物を使いません(指定添加物約455品目不使用※)

1996年の「無添加宣言」を行って以来、「疑わしきは使用せず」の理念のもと商品製造時に、化学的に合成した添加物を使いません。たとえ国が認可している既存添加物であっても自社の基準で安全と確認できないものは使用することはありません。
※455品目は、食品衛生法施行規則別表第1「指定添加物リスト」に収載されている品目です。(2019年1月現在)

一.主原料となるものに、遺伝子組換え食品を使いません。

遺伝子組換え技術によって生産された農作物を使用しません。また、遺伝子組換え農産物を含む食品および加工品を主原料に使用しません。

一.主原料となるものに、ゲノム編集食品と判断される食品は使いません。

ゲノム編集技術によって生産された農畜水産物を使用しません。

一.パッケージに、環境ホルモンの疑いのあるものは使いません。

現在、環境ホルモン作用があると疑われている物質は、国がリスト化したものだけで65物質(群)品目あります。これらを食品のパッケージに使用しません。

一.取り扱い食品について、各種検査を実施しています。

シュガーレディでは自社で、製造ロットごとに各種検査を実施し、安全性を確認しています。

一.マイナス18℃のコールドチェーンで、徹底した衛生管理を行います。

衛生管理を徹底した工場で加工・包装。流通の際も-18℃を維持することにより、腐敗や食中毒の原因となる微生物の活動が抑制されるため、安全な商品をお届けすることができます。

主原料から遺伝子組換え食品を排除し、加工品の製造において化学的合成添加物を使わないなど、徹底したこだわりで健康で安心な食生活をご提供いたします。また、化学合成農薬や化学肥料を使わず育てた有機農産物を積極的に導入。JAS(日本農林規格)の認定を受けた商品のみをオーガニック認定商品として表示します。

鮮度と美味しさを急速冷凍した商品を「マイナス18℃のコールドチェーン」でご家庭までお届けします。

安心・安全な素材本来の美味しさを味わっていただくこと。これを可能にしたのが、1970年に導入した業界初の流通システム「マイナス18℃のコールドチェーン」です。このシステムを通じ、厳選された素材を旬の時期に収穫して急速冷凍し、産地・メーカーからご家庭まで、鮮度と美味しさを保ったままお届けしています。

オーガニック野菜商品パッケージ 冷凍状態イメージ
マイナス18℃のコールドチェーンイメージ